職場や家など地点に名称を付けて経路探索を行う

「自宅」「会社」等、地点に名称を付けて経路探索を行います。

関連URL

手順

1. 地点データを生成する

地点データの生成は、地点生成 /toolbox/course/point を利用します。
今回は例として、以下の条件を持った地点データ株式会社○○を生成します。

  • 東京都の高円寺駅(22671)から距離700m、徒歩10分
  • 東京都の新高円寺駅(22735)から徒歩800m、徒歩12分

Create point

※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/toolbox/course/point?key=アクセスキーを入力してください&name=株式会社○○&stationCode=22671:22735&time=10:12&traffic=徒歩:徒歩&distance=7:8
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201709_03a">
  <Point>
    <SerializeData>
      P-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E2%97%8B%E2%97%8B-22671,22735-10,12--%E5%BE%92%E6%AD%A9,%E5%BE%92%E6%AD%A9-7,8-0----
    </SerializeData>
  </Point>
</ResultSet>

ResultSet / Point / SerializeData が生成した地点データです。

2. 経路探索を行う

生成した地点データは、経路探索/search/course/extremeのパラメータviaListの値として利用することができます。

リクエスト例では経路探索 を利用していますが、 探索を行うことができるAPI(経路簡易探索平均待ち時間探索)でも利用することができます。

※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=P-株式会社○○-22671,22735-10,12--徒歩,徒歩-7,8-0----:新宿
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201709_03a">
  <Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
    <Route timeOther="4" timeOnBoard="7" exhaustCO2="127" index="1" exhaustCO2atPassengerCar="1092" distance="65" timeWalk="10" transferCount="1">
      <Point index="1">
        <Name>株式会社○○</Name>
      </Point>
      <Line stopStationCount="0" timeOnBoard="10" exhaustCO2="0" index="1" exhaustCO2atPassengerCar="117" distance="7">
        <Name>徒歩</Name>
        <ArrivalState>
          <Type>normal</Type>
          <Datetime operation="today">2017-09-22T20:40:00+09:00</Datetime>
        </ArrivalState>
        <Destination/>
        <TimeReliability>average</TimeReliability>
        <DepartureState>
          <Type>normal</Type>
          <Datetime operation="today">2017-09-22T20:30:00+09:00</Datetime>
        </DepartureState>
        <Color>000000000</Color>
      </Line>
        :
    </Route>
      :
  </Course>
</ResultSet>