探索結果から前の時刻、次の時刻の探索結果を取得する

経路探索結果を利用して、前の時間の最適なダイヤ、次の時間の最適なダイヤを再探索します。

関連URL

手順

1. 経路を探索する

ダイヤによる探索を行います。 例は経路探索 /search/course/extreme ですが、ダイヤによる探索を行うことができるAPI(経路簡易探索)でも可能です。

※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=高円寺:阿佐ヶ谷
<ResultSet apiVersion="1.26.0.0" engineVersion="201512_04a">
<Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
:
<DepartureState no="3">
<Type>normal</Type>
<Datetime operation="today">2015-12-18T09:32:00+09:00</Datetime>
</DepartureState>
:
<SerializeData>経路シリアライズデータ</SerializeData>
:

2. 探索結果を操作する

探索結果から前の時刻を取得する

探索結果から、前に出発する最適なダイヤの経路を取得します。

assignInstructionパラメータにAutoPreviousを指定することによって、元の経路の到着時刻と比べ、次に早く到着できる経路の中から、最も遅く出発できる経路が取得できます。

1で取得できる経路シリアライズデータを利用します。

GET /v1/xml/course/edit?key=アクセスキーを入力してください&assignInstruction=AutoPrevious&serializeData=1で取得できる経路シリアライズデータを入れてください
<ResultSet apiVersion="1.26.0.0" engineVersion="201512_04a">
<Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
:
<DepartureState no="3">
<Type>normal</Type>
<Datetime operation="today">2015-12-18T09:30:00+09:00</Datetime>
</DepartureState>
:

探索結果から後の時刻を取得する

探索結果から、次に出発する最適なダイヤの経路を取得します。

assignInstructionパラメータにAutoNextを指定することによって、元の経路の出発時刻と比べ、次に遅く出発できる経路の中から、最も早く到着できる経路が取得できます。

1で取得できる経路シリアライズデータを利用します。

GET /v1/xml/course/edit?key=アクセスキーを入力してください&assignInstruction=AutoNext&serializeData=1で取得できる経路シリアライズデータを入れてください
<ResultSet apiVersion="1.26.0.0" engineVersion="201512_04a">
<Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
:
<DepartureState no="3">
<Type>normal</Type>
<Datetime operation="today">2015-12-18T09:34:00+09:00</Datetime>
</DepartureState>
: