はじめに
Tips一覧
定期券
探索(運賃)
探索(探索結果)
探索(探索条件)
探索(地点)
探索(路線)
路線図

探索結果に対し特定の路線を利用しない設定で再探索する

探索結果に出てきた路線を利用しない経路を再探索します。
利用しない路線は、運行路線コードまたは平均路線名で指定します。


 Attention!

運行路線鉄道運行情報路線運行路線情報鉄道運行情報は、全く異なる情報です。
互換性はありませんのでご注意ください。


  note

ここでは特定の路線を利用しない経路探索について記載しますが、平均待ち時間による探索の場合は、interruptCorporationListパラメータ(不通会社リスト)を利用することで、特定の会社を利用しない経路探索も可能です。

手順

運行路線コードで指定する場合

関連URL

1. 運行路線パターンを結果に付加するようにして1回目の経路探索を行う

addOperationLinePatternパラメータにtrueを指定して、経路探索 /search/coruse/extreme を行います。
なお、addOperationLinePatternパラメータは、ダイヤによる探索でのみ利用することができます。


※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=渋谷:新宿&time=1000&addOperationLinePattern=true
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201808_05a">
   <Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
      <Route index="1" ...>
         <Point index="1">
            <Station code="22715">
               <Name>渋谷</Name>
                 :
         <Line index="1" ...>
            <Name>JR埼京線・池袋行</Name>
            <Type>train</Type>
            <Destination>池袋</Destination>
              :
         <Point index="2">
            <Station code="22741">
               <Name>新宿</Name>
                 :
      </Route>
      <OperationLinePattern routeLineIndex="1">
         <Point index="1">
            <Station code="22715">
               <Name>渋谷</Name>
                 :
         <Line direction="Down" toStationPos="170" index="1" fromStationPos="140" code="106" ...>
            <Name>JR埼京線</Name>
              :
         <Point index="2">
            <Station code="22741">
               <Name>新宿</Name>
                 :
      </OperationLinePattern>
        :
      <Price kind="FareSummary">
        :
      <SerializeData>...</SerializeData>
      <Teiki>
         <SerializeData>...</SerializeData>
         <DisplayRoute>渋谷--JR埼京線--新宿</DisplayRoute>
      </Teiki>
   </Course>
     :
</ResultSet>

addOperationLinePatternパラメータにtrueを指定したことで、
結果にResultSet/Course/Route/Line(経路の区間)と紐づくResultSet/Course/OperationLinePattern運行路線パターン)が返ります。

2. 経路の区間に紐づく運行路線パターンから運行路線のコードを取得する

1のレスポンスのResultSet/Course/Route/Line/indexResultSet/Course/OperationLinePattern/routeLineIndexが紐づいています。
なお、運行路線は、鉄道事業者の運行系統をベースにしているため、 途中で区間が分かれる場合は、ResultSet/Course/Route/Lineとそれに紐づくResultSet/Course/OperationLinePattern/Lineの区間数は、1対多になります。


ResultSet/Course/OperationLinePattern/Line/code運行路線コード)を取得します。

3. 利用しない路線を指定して2回目の経路探索を行う

interruptOperationLineCodeListパラメータ(不通運行路線コードリスト)に、2で取得した運行路線コードを指定して、2回目の経路探索 /search/coruse/extreme を行います。


以下の例の場合、利用しない路線として、「JR埼京線」の運行路線コードを指定しています。

※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=渋谷:新宿&time=1000&interruptOperationLineCodeList=106
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201808_05a">
   <Course searchType="departure" dataType="onTimetable">
      <Route index="1" ...>
         <Point index="1">
            <Station code="22715">
               <Name>渋谷</Name>
                 :
         <Line index="1" ...>
            <Name>JR山手線外回り・新宿・池袋方面</Name>
            <Type>train</Type>
            <Destination>大崎</Destination>
              :
         <Point index="2">
            <Station code="22741">
               <Name>新宿</Name>
                 :
      </Route>
      <Price kind="FareSummary">
        :
      <SerializeData>...</SerializeData>
      <Teiki>
         <SerializeData>...</SerializeData>
         <DisplayRoute>渋谷--JR山手線外回り--新宿</DisplayRoute>
      </Teiki>
   </Course>
     :
</ResultSet>

制限のない通常の探索の場合、「JR埼京線」を利用する経路が1番目に返りますが、「JR埼京線」を利用しない設定のため、 「JR山手線外回り」を利用する経路が返ります。

※返却される経路は、2018年8月5版時点のサンプルデータとなります。

平均路線名で指定する場合

関連URL

1. 1回目の経路探索を行う

searchTypeパラメータ(探索種別)にplain平均待ち時間による探索)を指定して、経路探索 /search/coruse/extreme を行います。


※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=渋谷:新宿&searchType=plain
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201808_05a">
   <Course searchType="plain" dataType="plain">
      <Route index="1" ...>
         <Point index="1">
            <Station code="22715">
               <Name>渋谷</Name>
                 :
         <Line direction="Down" index="1" ...>
            <Name>JR山手線外回り</Name>
            <Type>train</Type>
              :
         <Point index="2">
            <Station code="22741">
               <Name>新宿</Name>
                 :
      </Route>
      <Price kind="FareSummary">
        :
      <SerializeData>...</SerializeData>
      <Teiki>
         <SerializeData>...</SerializeData>
         <DetailRoute>渋谷:JR山手線外回り:Down:新宿</DetailRoute>
         <DisplayRoute>渋谷--JR山手線外回り--新宿</DisplayRoute>
      </Teiki>
   </Course>
     :
</ResultSet>

ResultSet/Course/Route/Line/Name平均路線名)を取得します。

2. 利用しない路線を指定して2回目の経路探索を行う

interruptRailListパラメータ(不通平均路線リスト)に、1で取得した平均路線名を指定して、2回目の経路探索 /search/coruse/extreme を行います。
なお、interruptRailListパラメータは、平均待ち時間による探索でのみ利用することができます。


以下の例の場合、利用しない路線として、「JR山手線外回り」の平均路線名を指定しています。

※リクエスト例では日本語で記述しておりますが、リクエストパラメータに日本語が含まれる場合には、日本語の部分をUTF8でURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

GET /v1/xml/search/course/extreme?key=アクセスキーを入力してください&viaList=渋谷:新宿&searchType=plain&interruptRailList=JR山手線外回り
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ResultSet apiVersion="1.27.0.0" engineVersion="201808_05a">
   <Course searchType="plain" dataType="plain">
      <Route index="1" ...>
         <Point index="1">
            <Station code="22715">
               <Name>渋谷</Name>
                 :
         <Line direction="Down" index="1" ...>
            <Name>JR埼京線快速</Name>
            <Type>train</Type>
              :
         <Point index="2">
            <Station code="22741">
               <Name>新宿</Name>
                 :
      </Route>
      <Price kind="FareSummary">
        :
      <SerializeData>...</SerializeData>
      <Teiki>
         <SerializeData>...</SerializeData>
         <DetailRoute>渋谷:JR埼京線快速:Down:新宿</DetailRoute>
         <DisplayRoute>渋谷--JR埼京線--新宿</DisplayRoute>
      </Teiki>
   </Course>
     :
</ResultSet>

制限のない通常の探索の場合、「JR山手線外回り」を利用する経路が1番目に返りますが、「JR山手線外回り」を利用しない設定のため、 「JR埼京線快速」を利用する経路が返ります。

※返却される経路は、2018年8月5版時点のサンプルデータとなります。